Match取材①誕生した理由と、なぜ世界中で愛され登録されるのか?

スポンサーリンク
前回の記事では東京表参道から、Match.com日本法人に辿り着いた所まで書きました。

【婚活ラスプーチンがMatchへ電撃取材!】

rusputin3a.jpg

今回の記事は、あの世界最大級の恋愛婚活サイト、Matchへいよいよ潜入し直接取材!

ラスプーチンも今まで大量の婚活サイトや恋活アプリを使ってきましたが、ついにわしもガードが堅い秘密のベールに包まれたここへ潜入できました。あなたがもしどんな所なのかな?出会えるのか?と気になっているなら・・・

大丈夫です、全部気になる事から攻略法まで聞いてきましたぞーっ!

社員さんに直接使い方のコツやテクニック、取って置きの技など、バッチリと中の人に直接聞いて調査してきたので役立つはずです。ここから先を読めばMatchで出会えるようになるでしょう!

果たしてどんな結果が待ち受けているのか?ラスプーチンが全てを晒していきます。

※Matchのビルにて撮影

iyoiyosyuzai.jpg

Match公式サイトを見てみる

rusputin3a.jpg

Matchは写真の通り青山にあるビルの9階に事務所がありました。どんな方なんだろう…ここでいつものように緊張してしまう。

正直に色々書いているもんだから、いきなり怒られるとかはっ倒されるんじゃないのか?と考えてビビります笑

9階の事務所の前の扉に着くとお待ちしておりました。と言う声その後出てきたのは女性の社員さん、

変なのが来たなんて思われるんだろうな・・・等と思っていました。

しかし今回Matchの社員さんは、何でもお話ししてくれてしかも顔出しOKとの事です

どんな人かと言うと…ご覧くださいっ!!

yajirusi.jpg

matchcomtantousyasan2.jpg

今回婚活ラスプーチンへの取材に応じてくれたのが、マッチグループのオンラインマーケティングマネージャーの松尾さんだ。

rusputin4a.jpg

笑顔が素敵な明るいMatch美人!

今回まさかの顔出し撮影OK!夢にも思わなかったぞい。

そしてオフィスの一部がこんな感じじゃ!

yajirusi.jpg

matchoffice.jpg

これは凄い!外壁がオレンジのオシャレなこれぞ青山表参道というオフィス、

さすが世界規模の婚活恋愛関連会社という事で、関連本や資料も沢山ある社内、わしもこんな所で働きたいくらいじゃ!という訳で早速魂のインタビューの様子を見てくれ。

Matchが出来た理由とは?

はじめまして!
婚活ラスプーチンですよろしくお願い致します!
はい、松尾です!よろしくお願いします。
今日は何でも聞いてください。
はい、Matchが何たるかを教えていただきますぞ!
早速聞きますがMatchさんは、
何故こんな婚活恋愛マッチングサイトを始めたのですか?
Matchは1993年にアメリカで出来たサービスになります。
1993年と言えばジュリアナが流行っていて、
Jリーグが開幕した、日本では最初の年なんですけど。

その時にアメリカには新聞では新聞項目に、
ロンリーハート(lonely hearts)というコーナーがあり、
そこでは恋人がいない人が恋人を募集できたんです。

それを見たマッチグループの創業者がデジタル化しようという事で。
インターネットに載せて始めたのがMatchだったんです。

そんな前からやっていたなんて…20年以上前の話じゃぞ!?
アメリカ本体のMatchは20年以上運営しています。
そいつはすごい!さすが老舗だけありますな。
今恋人募集なんて雑誌見かけんからのう。
それでアメリカでは広まっていったんですね。
その後全世界で事業を拡大しようと考えて実行した時に2002年に、
インターネット先進国の日本に入ってきて参入したという訳です。
2002年から日本オフィスでスタートしたんですか?
2007年から日本オフィスが立ち上がりました。
それまでの5年間はアメリカが事業所でしたが登録者が増えてきたので、
日本で事業所を作ったんですね。
なるほど本腰を入れてきたんですな、
アメリカの事業所だけでは無理じゃからのう。
それにしてもサイトを15年近くも運営してる所は日本でも数少ないですのう。
そうですね!昔からあるので日本では珍しい存在だと思います。
今ではfacebook連動アプリが流行っているが、
それまでは婚活サイトのブライダルネットとかしかないんじゃ。
そうですね、pairsやOmiai、ゼクシィなど、
今は多くのFacebook連動アプリがありますね。

でも、Matchが立ち上がった頃はFacebookはありませんでしたから。Facebookよりも弊社は歴史が長いのです。

なるほど!その頃facebookなんてないですもんのう!
そんな時代からやってたなんて、わしもMatchの名前すら知らなかったわい。
2002年と言えば私が高校三年生の時でガラケー時代に誕生したんですね。
懐かしいですね、その時代から存在してましたよ!
まさに老舗のサービスなんですのう!
わしが見た所、Matchは他と比べて硬派でシンプルな造りなんですが、
このスタイルはこれからも変えないんでしょうか?
Matchはアメリカ式の考えが反映されていて、
海外のサイトに多い特徴ですがゴテゴテしてません、
スッキリシンプルに無駄なものは省いているんですね。
なるほどグーグルもアマゾンもゴテゴテしてませんからね。
長くこのスタイルでやっているのでこの先も変わらなそうじゃ!

Matchが誕生後に世界をどう変えたのか?

世界規模のMatchさんだからこそ聞きたいのじゃが、
ネットの出会いってどのくらい世界的では普及してるんですか?
アメリカでは5人に1人がオンラインで出会い、
フランスでは3人に1人が出会います。

海外では、オンラインで出会うのは普通のことなんです。
ちなみに、アメリカではオンラインで出会って結婚した人の内、3分の1がMatchの会員です。

ネットでの出会いがやはり世界では拡大中なんじゃな、
合コンに行く並に軽い感じなのかーっ!
ネットの出会いの3分の1がMatchのシェアなんてすごいのう。
そうですね、
国としてオンラインで出会うという雰囲気が出来上がっていて、
皆さん全然ネットで出会う事に対してハードルが無いという事です。

これも長年活動してきた蓄積だと思ってます。

なるほど!でもアメリカで何で流行したんですかな?
アメリカで流行ったのは彼らは国土が広く距離があるのが理由でした。
アメリカって国土が大きいじゃないですか?そうすると新聞で恋人募集中とやっても、
西海岸と東海岸でマッチングしても絶対に会えないじゃないですか。

それが近所で見つかる事にウケたんです。
遠くよりも近くに素晴らしい人がいる事を発見できたのです。

そして人種も宗教も多種多様な国なので、
最初からその人の背景は何か知る事が出来たのが当たりました。

結婚してから宗教上の違いが出てくると食事が合わないとか、
そういう問題を解消するのには、かえってネットの繋がりが早く、
出会いの効率が良かったのです。

人種?宗教?そう言われればそうですのう。
日本ではあまりピンと来ない話じゃ。
やはり出会う前にそういう情報を知る方がアメリカでは重要なんでしょうね。
すごく重要です!日本でも宗教を書く項目がありますが、
日本人てそんなに宗教について仏教や新興宗教などもありますけど、
そこまでこだわりが強くありません。

寺にはお参りしますし、新年は初詣でするし、
あまり気にしない民族なんですね。
ただしアメリカではそれを気にするのです。

だからMatchには各項目が40個くらいあるんですね。
その通りです、他のサイトやアプリよりも非常に多いのはそれが原因です。
それで登録する時にあんなにたくさんの希望条件を入力できたんじゃな!

yajirusi.jpg

(Matchに登録した時に設定できる条件)

jouken.jpg

それにしてもたくさん書かせるなと思いましたが、
これも出会えるための要素だったんじゃな!

しかしオンラインの出会いの3分の1を担うとは、
これは啞然とするわい。
人類に貢献していると言っても過言では無い笑それでは次の質問じゃ。

Matchのユーザーは何故登録するのか?

そうですね、結論はしっかりと出会えるサイトだからです。
結局ユーザーさんが登録する決め手と言うのは、
“出会えるか出会えないか?”になります。

その為には圧倒的に人数を囲っておかないといけないのです。
そうするとうちは人数が国内最大級の累積250万人います!

ここまで多くの人が利用しているので、出会えるチャンスが豊富で、
可能性が高くなります。
そこがまずは魅力かと。

もう1つは安心安全じゃなければ登録しませんので、
サイトをパッと見ただけでも清潔感と安全を意識してサイトデザインを作ってます。

事実会員の安全性を担保して詐欺とかそういう事件に巻き込まれないように、
不正会員の排除にすごく力を入れておりますので。
そこも選ばれている原因です。

うむ、250万人は相当多い!ペ
アーズは500万人だがこれは台湾も含めている。
そうすると今あるOmiaiやYahoo!パートナー等強力な位置に入る。

人数が多いので出会えるという事じゃ。
それに安全性も大事で出会い系とは違い安心安全が絶対条件じゃ。
それではシンプルな作りとか青っぽい清潔感は、
ワザとやっているという事でしょうか?

当然です。
あんなにシンプルなんで他と全然違うなとは思っていましたが、
やはりそうでしたか。
変にゴチャゴチャしても結局皆さんで会う事が目的なので、
不要な要素は排除して、できるだけで会いやすいように。
そこだけを考えて作り込んでいます。
私が思うに可愛いからこのアプリでやろう。
派手だからここでやろうとか、色々な考えのユーザーもいると思いますが、
シンプルに清潔感を出して安全性を出しているんですね!

次回は登録したら一体どのくらいでマッチング出来るのか?何か月くらいかけて出会って辞めていくのか聞いていきましょう。

【取材2:Matchでは相性が良い人に会えるのか?】

Match公式サイトを見てみる

また、今回の記事とは別に私がMatchの感想を書いています。合わせて読んでもらえれば参考になるでしょう!

もし、あなたがこれからの人生で女にモテたいのであれば「城咲仁のモテる男養成講座」を習って生まれ変わりましょう!

今やエラそうに講釈垂れている私もかつてはチビデブハゲブサイクの四重苦で恋愛とは無縁の男でしたが、この講座を経て出会いの作り方から彼女ゲットまで自然と実践できるようになりました。

人生これまで全くモテないどころか女からキモいと言われ相手にされなかった。LINEやSNSをブロックされたり無視されたりで辛かった。そんな男性には特に「本当の恋愛の仕方」を知ってほしいのです。

実際に講座を受けるかはひとまず置いといて、まずは城咲仁講座の詳細を見てから考えても遅くはありません。↓


>>城咲仁のモテる男養成講座の詳細を見てみる<<

マッチドットコム体験談
スポンサーリンク
idatenbig99をフォローする
婚活超攻略!ラスプーチンが徹底解説
タイトルとURLをコピーしました