デートの時は男女割り勘がいいのか?それとも男が全部出すのか?

スポンサーリンク

rusputin3a.jpg

今回の記事はデートでの金銭的な問題についてじゃ!ズバリテーマは割り勘がいいのか?全部奢りなのか?わしがその実態について語っていくぞ。

matadogasu.jpg

デートでご飯を食べに行くことはよくありますね。楽しく食事をしたけど、いざお会計になるとどちらが払うか?レジの前で揉めてしまう・・・なんてこともあるかもしれません。

しかし、デートのときは割り勘が良いのか、男性が全部出すべきなのか、どちらが正解なのでしょうか?ここでは、そんな食事のときの支払いについて考えてみたいと思います。

男性が奢るのは当たり前?

世間では、「食事は男性が女性におごるもの」という風潮があります。

それは、男性の方が稼ぎが良いからという考え、女性はもてなすべきという考えが、昔から男女のお付き合いの場では暗黙のルールになっているからです。

「女性にごちそうするのは男の甲斐性」と考える男性も多いでしょう。また、女性の方でも「女が出しゃばって払うのは男性に対して失礼」と考える人もいるかもしれません。

もちろん、どちらも間違いではないと思います。特に男性の場合は、デートのときは女性の前でカッコいい自分を見せたい、と見栄を張りがちです。

レジの前で、女性の方がお財布を開けている時に、男性はその後ろで控えている・・・なんて姿は確かに居心地が悪いかもしれませんね。

どうしても男性が払う方がスマートに見えてしまうので、女性の方も甘えがちになってしまいます。

一方に負担がかかるお付き合いは長く続かない

ですが、問題は「いつも男性側が食事代を負担する」ことにあります。

食事といっても、カジュアルなレストランから高級フレンチまでさまざまなお店がありますが、二人分となると支払う金額が大きくなります。

お給料の後ならお財布の中身も潤っているかもしれませんが、いつもそうとは限りません。

「今日はデートだけど、あまりお金がない・・・。食事はどうしよう」と悩むときもありますよね。

できれば安いお店で済ませたいけど、相手に対して失礼になってしまう、ダサい男と思われてしまうのが嫌で、ついやせ我慢してなけなしのお金を出すことになります。

そんなストレスが続いてしまうと、お付き合いそのものが難しくなってきます。

女性の方も、いつもおごられるのが当たり前のような気持ちでいると、そんな男性の悩みに気づくことができずに、「いつの間にか連絡が来なくなる」状態になってしまいます。

一方だけに負担のかかるお付き合いは、長続きしません。

「女性として大切に扱われたい」気持ち

例えば、初めてのデートで雰囲気の良いお店を男性が予約してくれて、女性の方は期待に胸を膨らませながら行くとします。

ご飯も美味しいし会話もはずんで、いい気持ちで食後のデザートまで楽しんで。

いざお会計、というときに男性から「あ、今日は割り勘ね」と言われたら、がっかりしてしまう女性は多いと思います。

それは、「初デートだし男性が払ってくれるだろう」と無意識のうちに期待していることもありますが、「女性として大切に扱われたい」ことも、どこかで願っているからです。

男性が自分の分だけさっさと払ってお店を出ていき、それから自分の分を払うのは、女性としては何とも寂しく思います。

レジでは二人分払ってくれたけど、お店を出てから自分の分を請求されることも、情緒がなくて拍子抜けしますね。

ショックを受けるのは、「この人は自分にお金を出す価値を感じていないんだ」と思ってしまうからです。

「自分に好意があるなら出してくれるはず」という期待を女性は抱きます。

それは、お金を出してもらうことで「大切にされている」という実感を持てるからなんです。

「ケチな人」は相手からも大切にされない

「自分以外の人にお金を使うなんてもったいない」こんな考えの人は、まず婚活の場でもうまくいきません。

また、「自分は出してもらって当然」と思っている人も、相手に好かれることは難しいでしょう。

お付き合いにはお金がかかります。食事だけでなく、デート用の服を買うことや、移動費、プレゼントなど、楽しく過ごそうと思えばいろんな面で「投資」が必要になります。

ケチな人は、「人のため」に自分のお金を使うことを惜しみます。デートでもかたくなに自分の分しかお金を払おうとしない人、逆に自分の財布を一切出さないような人は、一緒にいても楽しくありません。

それは「自分との時間に価値を感じていないんだな」と相手の目に映ります。お金は、デートの時間を楽しくするための潤滑油のようなもの。

男女関係なく、ケチな人は相手から好かれることも、大切にされることもありません。

ちょっと休もうか、という時に、ジュースの1本すら別々にお金を出さないといけないような相手だと、それだけで疲れてしまいます。

逆に、相手の好きな飲み物をさっと買ってきて手渡してあげるような気遣いは、相手から「ありがとう」という笑顔を引き出すことができますね。

人のためにお金を使うことは、自分もその時間を心地よく過ごすための「投資」です。

そう考えれば、お付き合いは損得で成り立つものではないことが分かります。

「どちらが払っても良い」ルール

では、食事の時はどちらが払うのが正解なのでしょうか。答えは「どちらが払っても良い」というルールを二人の間で作ることです。

よほどのお金持ちでない限り、一方が払い続けるという偏った付き合いはいずれ破綻します。

お互いが出すという姿勢が、関係を居心地の良いものにする秘訣だからです。

上手くいっているカップルは、お互いに負担しあうことを当たり前にしています。

「前回はあなたが払ってくれたから、今日は私が出すね」「今日は持ち合わせが少ないから、次は僕が払うよ」と、相手への気遣いがあるんですね。

日本人はお金の話は無粋と考える傾向がありますが、お付き合いには「投資」が欠かせないからこそ、二人で話し合って決めることでより親密な関係を築いていけます。

いつも自分ばかりが出している・・・という不満や寂しさは、最初は目をつぶることができても、重なれば大きな痛みに変わります。

そうなる前に、「持っている方が払うこと」や「交代で出すこと」など、「どちらが払っても良い」ルールを作ってしまえば、ストレスを感じることもなくなりますね。

できれば、お付き合いの早い段階で、こういう話ができるのが理想だとも言えます。

「男性を立てる」ことでより居心地の良い関係を作る

女性の場合、自分がレジの前に立つのは男性の顔をつぶすことがある、という可能性を忘れないようにしましょう。

カジュアルなカフェなどは気にならないかもしれませんが、やはり支払いは男性が済ませるのがベターだと感じるお店もあります。ほかの人の目を気にする男性もいるでしょう。

レジの前で女性の後ろに男性が控える姿は、あまり好ましく映らない場合があるので、お店によっては男性に支払いを任せる柔軟さも必要です。

お店を出てから自分の分を出す、「今日はありがとう。次は払うね」と必ずお礼を言うなど、「男性を立てる」気持ちがあれば相手も「出して良かったな」と思ってくれるはずです。

レジの前で「今日は私が出すから!」とあまりに主張するのは、スマートさに欠ける対応。

男性に恥をかかせない気遣いを忘れないことで、より居心地の良い関係になります。

お金の話はとても勇気が要ることです。

特に付き合い始めたばかりだと、どうしても男性の方が多く払いがちになります。「今日は割り勘でお願いしたい」なんて言いにくいですよね。

相手のことが好きだからこそ、甲斐性のない男と思われたくない気持ちもあると思います。

女性は、いつも出してもらって申し訳ないという気持ちがあるなら積極的に「いつもありがとう。今日は私が出すよ」と口にしてみましょう。

女性の方から切り出される方が、男性も受け入れやすいということもあります。

お互いが気持ちよくデートに「投資」できること。そんな気遣いをお互いに持つことで、より幸せなお付き合いを続けていけますね。

金銭的感覚が合わない相手だったら?

その時は悪い事は言いません、ゼクシィのブライダル総研の離婚に関する統計数字では以下の通りです。

【クリックすると画面が拡大して見やすくなります。】

rikongeinin.jpg

引用ーゼクシィのブライダル総研離婚に関する調査2016より

これを見ると女性が特に男性よりも金銭問題や借金問題について、離婚するきっかけにしています。

結婚前に重要なのは価値観の共有や理解、そして今回のテーマである金銭感覚のすり合わせという事が、ゼクシィのブライダル総研の研究でわかりました。

大変貴重な資料で、これがまさに事実です。金銭感覚が合わないもしくはあなたに奨学金や車の借金がある。おいやや家の借金がある場合は結婚する前から相手に話をしないといけません。

そうしないと離婚という不幸を招くことになります。好きなだけでは結婚できません。もしあなたの金銭的問題に理解しないすれ違う相手なら、新しい人を探しましょう。

ネットで婚活恋愛をするならペアーズが一番手っ取り早いです。登録者数も多くfacebook連動なのと他人にバレずにできます。

結婚相談所ならツヴァイがオススメで、ここなら条件を細かく設定し、自分の希望する条件と相手が希望する条件が合致した相手しか紹介されません。

ささいなランチで割り勘か奢りかと揉める事が続くようであれば、本当にあなたの金銭的な問題をすり合わせできる人を見つけ、幸せをつかみに行きましょう!

もし、あなたがこれからの人生で女にモテたいのであれば「城咲仁のモテる男養成講座」を習って生まれ変わりましょう!

今やエラそうに講釈垂れている私もかつてはチビデブハゲブサイクの四重苦で恋愛とは無縁の男でしたが、この講座を経て出会いの作り方から彼女ゲットまで自然と実践できるようになりました。

人生これまで全くモテないどころか女からキモいと言われ相手にされなかった。LINEやSNSをブロックされたり無視されたりで辛かった。そんな男性には特に「本当の恋愛の仕方」を知ってほしいのです。

実際に講座を受けるかはひとまず置いといて、まずは城咲仁講座の詳細を見てから考えても遅くはありません。↓


>>城咲仁のモテる男養成講座の詳細を見てみる<<

デートで成功する行動マニュアル
スポンサーリンク
idatenbig99をフォローする
婚活超攻略!ラスプーチンが徹底解説
タイトルとURLをコピーしました