恋愛で気になる相手とメールやLINEの連絡が途絶えてしまった時の復活法

スポンサーリンク
彼氏彼女ができないという理由の一般的な原因として、メールやLINEに問題があるということが挙げられます。

私の経験から自分でできる簡単な対策の中で、最も効果を発揮するのが相手と連絡方法の改善でした。

例えば、相手がLINEを送ってきた時の対処法によっては、あなたへの印象がグッと良い方向に変わる可能性があるのです。

ここは侮らず、もう一度確認するつもりで読んでみてください!

huza.jpg

「なんでや!」

「あんなに良い感じだったのに…

彼女からメールが来なくなったああああああ!!」

rusputin3a.jpgヒッヒッヒッ、このままでは連絡が二度と来ませんな。

恋愛では誰もが通る道です。

私も突然、音信不通になる相手には苦労しました。なかなか立て直すのが難しいんですよね。

そこで活躍するのが今回あなたに教える、気になる相手とメールやLINEが途絶えた時の復活法じゃ!

あるメガバンクの女たらし男の苦悩から始まった

私の友人でM銀行に勤めるマツオ君がいます。年齢は31歳、なかなか自信家の男です。

renai_mail_fukkatu1.jpg

銀行マンなので融資の話、今後の日本国債の事とか、真面目な話をするけどクソつまらないです。

そんな明日忘れてしまうような話よりも、いかにナンパして女性と付き合うかの話が得意で、私もこっそりと参考にしていました。

ある日、そんな彼が元気が無かったので、一体どうしたんだ?と思い、話を聞いてみると…

「好きだった女の子からメールが来ない」

意外でした。こんな女に苦労してなさそうなヤツが?

「いやぁー、それはわかります!」

私はすかさず意気投合して、新橋の立ち飲み屋で話し込んでしまいました。

話によると、彼には彼女が3人もいたのですが、本命の相手からメールが途絶えたと落ち込んでいました。

どんなに女慣れしていそうなプレイボーイでも、“サルも木から落ちる”ということわざがあるように、メールが来なくなるんだなと痛感しました。

そしてそんな男であっても、メールが来ないとえらく落ち込んでいたのです。

なぜデートの約束の前に相手との連絡が途絶えるのか?

今回はそんな相手とのやりとりを復活させて、あなた自身も復活する方法を紹介したいと思います。

恋愛において有利なポジションは追われる側

renai_mail_fukkatu2.jpg

男性女性どちらの場合にも関わらず、追われる恋愛というのがベストポジションです。

恋愛においてやりとりをするときは、相手を追いかけすぎないように注意しましょう!と、これまで何度も話してきました。

あなたが日曜日の夕方にメールしたとして、その後5日間も連絡が来なかったりしたら、待つ立場としてはメチャクチャ辛いですよね?

特に相手から「また連絡しますね!」で終わってたり、こちらから送った疑問形”?”に返信が無かった時です。

極端に言えば、「気が狂いそうな時間」。待たされる側は心穏やかではありません。

それでもメールもLINEも返ってこない。もう脈なしか…と、どんどん暗くなります。

このまま、もがき苦しむしかないのか?

これからどうすればいいのか?

好きな相手と追いかけられる恋愛をするメール方法と、見事復活できる方法というのを考えていきたいと思います。

マメに連絡すれば好かれると思ってないか?

話を戻しますと、銀行員のマツオ君は、「女性はメールをマメにしたほうがいいよ」という話を鵜呑みにしていたみたいです。

「連絡をマメにして密に連絡を取る」

「相手もそれに応じて順調に恋愛が進む」

しかし、それでは上手くいかないのです。

「連絡をマメにして密に連絡を取る」という行為が、時にプラスになりマイナスにもなります。

rusputin3a.jpg

あなたは相手とどのような状態ですか?

①好きな相手と付き合う前の状態

②好きな相手と付き合った後の状態

③付き合った相手はメールが好きか嫌いか

④付き合った相手のお互いの好きな比率

置かれている状況によってやり方は全く変わります。

さらにどんな状態かわからない時もあるでしょう。

先ほど話したように理想の恋愛は、ガツガツして追いかけずに追わせる関係です。

これをできるだけ保つことができれば、相手と音信不通になりました!とか、そういう不測の事態に陥らなくて済むのです。

そのように立ち回るにはどうすればいいのか?

上記の4パターンそれぞれのケースを考察し、どんなメールを送るべきか否かを教えます。

①好きな相手と付き合う前の状態

誰もが悩み抜くパターンです。

婚活サイトでマッチングした相手であったり、街コンやパーティーで連絡先交換したケースです。

1回や2回デートした仲でもここに該当します。

ここで注意して欲しいのは、少しデートしただけの関係では、まだ知り合いレベルだということです。

恋愛経験が浅い人によくある失敗が、実際に出会っただけで急接近したと勘違いしてしまい、無駄なメールをガトリングのように撃ちまくることです。

かくいう私もガトリングを乱射した過去があります。安心してください。誰もがやってしまう通過点です。

話が盛り上がり舞い上がる瞬間かもしれませんが、その後のやり取りはあまりガツガツしない方が得策です。

マメなメールやLINEをする必要はありません。

お互いの話や雑談を交わすこともありますが、基本的にデートの約束をするための手段です。

特に女性は関心がない男性でも、よほどで無ければLINEの交換くらいはしてくれます。

デートも1度くらいは顔合わせできてくれるでしょう。

要するに連絡先交換できたら、とりあえずは会うことができるのです。

しかし、ここで調子に乗ってしまい、相手に好意をアピールするようなものを送ったり、こちらからガンガンメールを送ると相手は逃げます。

やってはいけない追いかける恋愛です。このカタチにはできるだけしたくはありません。

追いかけてくる人に対しては、魅力も何も感じなくなるのです。

厳しいですが相手に価値の無い人だと思われ、やりとりもストレスに感じられてしまいます。

とはいっても、完全に追いかけられる立場まで持って行くのは至難の業。

なので少しずつで良いので、「あの人、何考えているのか気になるな」と徐々に追いかけられるように刺激しましょう。

こちらから何か送るにしても、間隔を置いたり、やりとりをスパッとこちらから切る。

相手から何か来てもベッドに放り投げて放置したり、ある時はすぐに返信するようにしましょう。

付き合ってもいない仲なのに、マメにやりとりを飛ばすなど言語道断です。

②好きな相手と付き合った後の状態

相手と自分は恋人関係といった場合。

マメなメールを送っても全然構いません。むしろ、バシバシ送るべきです。

特に相手が女性である場合、おやすみメール・おはようメールとか、そういうのが大好きな人もいます。

こちらから追いかけるようなメールをしても、相手から邪険に扱われるようなことにはなりません。

付き合う前と違い、どちらも好意を抱いているワケです。

基本的に駆け引きのような事はしなくてもいいですし、マメに連絡してさっさと仲良くなってください。

一方通行の片想いならウザくてストレスになりますが、しっかりと両想いであれば心配はいりません。

付き合う前に我慢し続けたご褒美と考え、好きなだけガトリングを撃ちまくりましょう。

しかし、ここで疑問が浮かびます。

男でも女でも、マメなメールが届いて嬉しくないはずがありません。

先のマツオ君もマメにメールをしまくっていました。

これは付き合う前だったから失敗したのか?

と言いますと、そんなに単純で甘いものではありません。

実はマメに連絡すれば良い!というばかりでは、恋人同士でも裏目に出てしまうケースがあるのです。

さっき恋人同士だからメールやLINEしまくっていいって言ったじゃん?

と思われますが、それは次の2つのどちらかで変わります。

③付き合った相手はメールが好きか嫌いか?

④付き合った者同士の好きな比率

これを考えずに「マメなメールがいいらしい」という言葉を鵜呑みにすると失敗します。

確かにマメなメールは良いと言われていますが、上記2つの要素をちゃんと考えなければいけません。

いまから書く事を念頭に置いてメールは送るようにします。

③と④の場合をそれぞれ見てみましょう。

③付き合った相手はメールが好きか嫌いか

付き合った相手がメール好きだった場合、毎日やりとりして欲しいという人もいます。

逆にメールは嫌い(あるいは苦手)という相手は、1週間に数回程度で良いという場合もあります。

相手が後者であった場合、早くも「マメなメールをしろ」という戦略が崩壊します。

付き合った後でもメールが苦手とか嫌いな相手にとっては、肉体的にも精神的にも重荷になってしまうのです。

メールが好きという相手であれば、付き合う前でも多めにメールを送ってもOKなことがあります。

ですが、付き合ってもいないのにガンガン送ったり、その度に好意をアピールし続けても、やはり引かれてしまうのがオチです。

1つ1つのメッセージの価値が無くなり、立場も下がって追いかける恋愛が成立してしまいます。ガツガツしすぎない頻度に抑えましょう。

このように、いくら付き合ったからといっても、メールのやりとりが邪険に感じるようであれば、先は長くない危険な状態です。

お互いにすれ違い、徐々に温度差が出てきて、どちらかに嫌気がさしたらズルズルと破局を迎えます。

これを回避するための解決法は1つ。

あなたと相手のやりとりの頻度について、一度はお互いに相談する必要があります。

例えば、あなたが毎日メールでやりとりしたいのに対し、相手は3日に1回くらいの頻度で丁度良い。

という意識の違いがわかったとしましょう。

このような場合は単純に、どのくらいの頻度で送ればいいのかを話し合って決めてください。

上の例で考えると、「じゃあ3日に1回にしよう」など、大体は相手に譲歩するカタチとなりますが、こうすれば変に気にすることもなく、揉めることもありません。

お互いにわだかまりの無い関係を保つことができます。

そしてこれはかなり重大な問題なので、できれば付き合った直後に決めるようにしてください。

今やLINEといった便利な連絡アプリが流行り、メール時代よりも遥かにやりとりしやすい環境です。

既読や未読といったことまでわかる時代なので、不安にならないようにしっかりと話し合っておきましょう。

決めるときも直接会って相談する方が良いと思います。

交際初期でしかも顔色を見れないやりとりとなると、どちらかが余計な気を遣ってしまうこともありえます。

ここで我慢する・させるのは後の関係に響きます。カップルとなったならば、しっかり面談して決めましょう。

④付き合った相手のお互いの好きな比率

恋愛のバランスは難しい話ですが、できる限り相手より上であるように保ってください。

恋愛関係では主導権を握った方が強いのです。これで相手にも振り回されずに済みます。

別に付き合う前も後も関係ありません。相手があなたを好きだというカタチにしてください。

相手の好き好き度>あなたの好き好き度

こうなるのがベストです。

あなたが相手のことを好きなレベルが15に対し、相手があなたのことが好きなレベルが25くらい。こんなバランスが丁度良いです。

メッセージを送る回数やタイミングだとか、ガツガツしてダメだ!と、何度も書きましたが、相手の方があなたのことをより好きであれば別です。

この状態ならメールをどんどん送ってもかまいません。好きな度合いが相手の方が高い場合は喜ばれます。

あなたが誰かに片想いだった時代を思い出してください。

その人から何かメッセージが届いたときは、事務的なものでも天にも昇る気分だったと思います。

それと全く同じです。

マメなメールという戦略は、この時初めて喜ばれるのです。そう簡単に冷めたり愛想を尽かされることはなくなります。

しかし、逆に追いかけるカタチになったら?

あなたの好き好き度>相手の好き好き度

このような状態になってしまうと危険です。

あなたが相手を好き過ぎてメールを送りまくったとします。

付き合う前はもちろんのこと、付き合った後でさえもガンガン送ってはダメです。

なぜなら相手はあなたに期待している以上にメールが来てしまい、どんどん気持ちが冷めてしまうのです。

この場合、マメなメールをしても逆効果です。

ちなみにこれも男女共通事項です。

女性は好きになった男性にはガンガン行く人も多いですが、この姿勢がマイナスに働くことも少なくありません。

男は基本的に女からのメールは歓迎しますが、ガツガツされすぎてもドン引きするのは同じです。

女の心は秋の空と言いますが、それは男も同じです。

昨日はあなたのことが好きでしたが、今日はあなたのことが別にどうでもいい存在。明日はあなたのことが好きかもしれません。

こういう心理状態の男も女もたくさんいるわけです。面倒だと思われるかもしれませんが事実です。

追いかける立場から抜け出すにはどうすればいいのか?

どちらが好きな度合いが大きいのかを、第三者目線で見て判断して下さい。

要はバランスの問題です。

相手よりあなたの方が好き好き度が上回っているなら、いったんクールダウンしてください。

・やたらとメールやLINEを送らない

・相手とメールの頻度を合わせる

・会った時にだけ好意を感じさせる

・と思いきやそっけなく振舞う

相手にあなたのことを日中考えさせるように仕向けます。

あなたへの好き好き度が少しずつ増していく方法です。

先のマツオ君の話を考えると、女性に熱中するあまりメールを送りまくってしまい、バランスが崩れてしまったんでしょうね。

相手と自分の好き好きレベルのバランスを見極める。

これが恋愛でやりとりを成功させるコツです。

相手の方があなたのことを好きになったとき、初めて「マメなメール」という需要と供給がマッチするのです。

ですが、簡単にわかれば誰も苦労しません。

モテる人というのはこのバランス取りが天才的に上手いです。

そりゃあ金持ちイケメン美女に越したことはありませんが、モテるモテないでは話は少し変わります。

あんまりモテなさそうなスペックの人でも、ずっと良さそうな相手と一緒にいる光景を見たことがあると思います。

なぜあんなブサイク野郎がかわいいコと!?私より可愛くないブスがイケメンと歩いてる!

まるで超常現象のように感じたかもしれませんが、それは前述のバランス取りに長けているのです。

普通の人にはなかなかできないことですが、限られた天才にしかできないとは言いません。

まずは”空気を読む”レベルで十分です。

相手との好き好き度を計りましょう。

以上が相手とのメールの注意点でした。

連絡が途絶えた相手とメールを復活する方法 前置きが長くなりすぎました。 しかし、それだけ重要なことです。 ここまで長くなったのは、恋愛関係にある男女がメールを復活させるにはどうすればいいのか?というのをお伝えしたかったのです。 これらをあらかじめ抑えておかないと、またすぐにメールが途絶えてしまうからです。 もうお分かりかと思いますが、どのような状況でも相手からの返信が来ない時、あなたが取るべき次の行動はただひとつ。 “待つ”

これしかありません!いや、ガチで。

人事を尽くして天命を待つという言葉の通りです。

やるべきことは全てやって、あとは結果待ちを待つだけ!という段階ですね。

相手から3日間返事が来なくて苦しんでいるときに、1週間経過したらメールやLINEが届きました!なんていう事例もまた、よくあります。

結果論ですが、この場合は”待ち”が正解でした。

もし、相手を急かすような催促をしてしまっていたら、来るものも来なくなっていた未来もあったことでしょう。

今までやってきた自分と相手の事を信じて待ちましょう。あまり考えないほうがいいかもしれません。

あなたからのメールやLINEがぱたっと無くなった場合は、相手もふと寂しくなり、急遽連絡をしてくれるケースもあるのです。

それでも相手から連絡が来ない場合はどうするか? こちらからメールを送らないようにします。 次に送るタイミングは1ヶ月後が目安です。 は?1ヵ月も待てんわ!と、思われるかもしれませんが待ちます。 相手はあなたを警戒しています。

ひとまず冷却期間をおいてください。

そして間をおいて連絡する時は警戒されないように、必ずイベントや行事があると言う理由付をします。

ライブのチケットが手に入った。

映画のチケットが手に入った。

ディ○ニーランドの株主優待券がもらえたから誘う。こんなベタベタな方法で良いと思います。

もしくは取引先のお客様の関係で、どうしても近くに行かなければいけない!みたいな設定です。

やむを得ない用事があるように見せかけ、相手の近くに行かざるを得ない状態がベストです。

ちなみに私が実際に行った方法はコレです。

近くに行く用事ができてしまったので行きます。(ストーカーとは思われないように最後のメールから1ヶ月後です。)

「別の用事で行きたくないけどたまたまそこへ行く」という方法で、相手にLINEやメールをしましょう。

その時は5分だけで良いとだけ伝えます。

近くに行くための口実で、本当は用事なんてありません。たまたまどころか相手にピンポイントで行くのです。

さらに5分だけと言うのがミソです。

5分だけと言いつつ、できるだけ引き延ばします。

①そこに行かなければならない

②少しだけで!という軽い提案

③連絡が途絶えてから1ヶ月は待つ

再び連絡するときは必ずこの3つを抑えましょう。

これでダメなら諦めてください。

それでも相手から連絡が来ない場合

LINEやメールが復活できない。その時はその時です。

追いかけている相手に完全に無視されてしまい、LINEもブロックされてしまった場合は打つ手無しです。

ですが、クヨクヨしている時間はありません。

卑屈になって相手のことを逆恨みして、ストーカーだけにはならないようにしましょう。

そして次なる相手を探しに行きましょう。現実を受け入れるのです。

今はインターネットの世界があるので、接点の無い異性といくらでも出会える時代です。

もし、あなたが振られてしまっても、また1からやり直せばいいんです。

安心して下さい。どこかであなたを待ってる人がいます。

今回のメール復活方法がダメなら、きっぱりと忘れてしまい次へ行きましょう。

私も振られてからが本番だと思っています。一時的に辛くなるのはわかります。

しかし、次があると考えれば必ず立ち直れます。

振られてもその度にメンタルは鍛えられ、今度はもっと上手くいくようになります。お互い頑張りましょう。

普段の生活では出会いに限界があると思うので、次に探すならネット婚活サイトにしましょう。

真剣に結婚相手を見つけるならブライダルネット、恋人を探したいならペアーズをオススメします。

出会いは現実世界だけではありません。あなたを支えてくれる人がそこにいるはずです。

とりあえずやるやらないは抜きにして、一度覗いてみてからでも遅くはありません。

ちなみにペアーズについてはメールの連絡が途絶えても、
こちらで書いているように星の数ほど女性がいるので、何度でもチャレンジできます。

あなたの恋愛の成功をお祈りします!

もし、あなたがこれからの人生で女にモテたいのであれば「城咲仁のモテる男養成講座」を習って生まれ変わりましょう!

今やエラそうに講釈垂れている私もかつてはチビデブハゲブサイクの四重苦で恋愛とは無縁の男でしたが、この講座を経て出会いの作り方から彼女ゲットまで自然と実践できるようになりました。

人生これまで全くモテないどころか女からキモいと言われ相手にされなかった。LINEやSNSをブロックされたり無視されたりで辛かった。そんな男性には特に「本当の恋愛の仕方」を知ってほしいのです。

実際に講座を受けるかはひとまず置いといて、まずは城咲仁講座の詳細を見てから考えても遅くはありません。↓


>>城咲仁のモテる男養成講座の詳細を見てみる<<

婚活恋活のメールテクニック
スポンサーリンク
idatenbig99をフォローする
婚活超攻略!ラスプーチンが徹底解説
タイトルとURLをコピーしました