恋活アプリWith(ウィズ)を使った俺の本音の感想と評価!

婚活ラスプーチン > With(ウィズ)体験談 > 恋活アプリWith(ウィズ)を使った俺の本音の感想と評価!

恋活アプリWith(ウィズ)を使った俺の本音の感想と評価!

更新日時:

with_start1.jpg

婚活ラスプーチンです。

今回は恋活アプリWith(ウィズ)はガチで出会えるか?

実際に会員登録して使ってみた私が実情を暴露します。

Withというのは...と一緒に、...を連れて、といった意味。
どこかカップルを予感させる縁起の良い名称です。

パッと見はどこにでもある量産型恋活アプリですが、
あのメンタリストDaiGoがアプリに協力しています。

※メンタリストDaiGoという人物は、
私も詳しいわけではありませんが説明すると、
大学や企業に招かれるほどの心理学のスペシャリストです。

そのメンタリストDaiGoが心理学に基づいて色々やってくれるらしい。

yajirusi.jpg

with_daigo.jpg

rusputin3a.jpg

よくわからんが面白そうだ!

しかし、本当に出会えるのか?

いくらユニークでも出会えなきゃ意味がない。

使い勝手や料金についても気になるところです。

このWith(ウィズ)はクソアプリか神アプリか?

有料会員登録までした体験談をあなたにお伝えしましょう。

恋活アプリWithの運営会社を調べてみた

with_start3.jpg

Withは一部上場企業である株式会社イグニスが運営しています。

東京都渋谷区の恵比寿ビジネスタワーにオフィスを構え、
スマホアプリの開発や運営を行っているとのこと。

2010年に設立され、2011年に大きな失敗を起こしたが、
2012年にアプリをヒットさせて再び軌道に乗る。

2015年に「ぼくとドラゴン」というアプリをヒットさせ、
現在も開発と運営を続けているという新鋭の企業です。

2016年3月末時点で社員の平均年齢は30.5歳。

企業ホームページを見てパッと見わかるのは、
オシャレなオフィスに私服社員が詰め込まれている様子。

yajirusi.jpg

with_start4.jpg

rusputin3a.jpg

社内は全員私服なアプリ開発運営会社!

世界にインパクトを与えると豪語する経営理念といい、
若手を中心にバリバリで邁進する企業というイメージです。

そんな企業が作り上げた恋活アプリのWith。

果たして本当に良いサービスなのか?

恋活ブームに乗ろうと適当に作っただけなのか?

これより化けの皮を剥いでいきます。

実際にWithに無料会員登録してみた

ガチで恋活できるかどうかは参加しなければわからない!
ということで、婚活ラスプーチンが潜入してみました。

with_start2.jpg

Withに乗り込もうとしたらさっそく第一関門。
Facebookアカウント(友達10人以上)を要求されます。

事前にこれを用意しなければ登録できません。

しかし、あれば話は早い。

簡単な入力をパッパッパっと行い、
3分足らずで無料登録完了です。

※友達10人アカウントを簡単に作る方法も別記事にて公開中です。

【Facebookで友達10人以上すぐに作る方法!】

rusputin2a.jpg

これでWithに参戦できるぞ!

注意点を挙げると、デフォルトのニックネームがFacebookの名前になってしまうので、バレたくないなら別名に入力し直しておきましょう。

また、Facebookメイン写真もそのまま反映され、
審査が通れば勝手にWithに載せられてしまいます。

変な画像だったらFacebook側で変えておきましょう。

Withへログインすると、異性のガイドさんが出てきます。

yajirusi.jpg

with_start5.jpg

コレに従ってドンドン進んでいくわけですが、
途中で実際の異性にいいね!を1回送る場面があります。

無料ですが、必ず1人に送らなければなりません。

しかも東京以外の県を最初に設定したのに、
東京の人しか出てこないというよくわからない基準。

確かに東京(関東)にはそう遠くないものの、
どうせなら県内で選ばせて欲しいと感じました。

それ以上に問題だと感じたのは、
強制的にいいね!を送らなければならないこと。

練習させるつもりだろうがこれは勘弁してほしい。

登録したてで自分のプロフィールすら弄っていないのに
遠距離の相手からいいね!が返ってきてマッチングするわけがない。

私も最初に送った相手からは足跡すら付きませんでしたし、
後に4000人近くにいいね!されていた超人気会員と発覚。

yajirusi.jpg

※有料会員限定でその相手が受けたいいね!数(=アピールされた回数)が表示されます。

with_start24.jpg

rusputin1a.jpg

こんなんワシがマッチングできるわけねー!

せめて最初に詳細プロフィールと写真を設定させてほしい。

不満を感じた一方で、ガイド自体は非常に丁寧に作ってあり、
他の恋活アプリと比べてもわかりやすいのが良いポイントです。

yajirusi.jpg

※実際の流れを実践してくれる丁寧さ

with_start6.jpg

yajirusi.jpg

with_start7.jpg

with_start8.jpg

with_start9.jpg

with_start10.jpg

これなら初めて使ったとしても悩まないと思います。

実際の使い方をもう少し説明しますと、
メニューの①さがすを選んで②条件を絞り込みを使い、
効率的に異性を検索していくという流れになります。

そして③いいね!ボタンを押せばOKです。

yajirusi.jpg

with_start25.jpg

②絞り込みを選ぶと【検索条件メニュー】へ移動し、
年齢・居住地・職業・年収などで絞ることができます。

yajirusi.jpg

with_start26.jpg

詳細プロフィールや自己紹介、顔写真なんかを見て、
マッチングしたいのであれば③いいね!します。

yajirusi.jpg

with_start27.jpg

あとはいいね!を返してもらえればマッチング完了です。

先のガイドさんとのやりとりのように、
メッセージのやりとりで仲を深めることができます。

rusputin2a.jpg

よっしゃ!これで自由自在に探せるぞ!

...の前に、このWithの大きな特徴である、
メンタリストDaiGoによる性格診断とやらが待っています。

メンタリストDaiGoによる性格診断を受けてみた

超性格分析マッチングという怪しげなキャッチフレーズと共に、メンタリストDaiGoが登場します。

with_start13.jpg

with_start14.jpg

rusputin1a.jpg

科学的に相手を紹介?本当かぁ~?

話が進むと質問に答えてタイプを割り出す流れに。

yajirusi.jpg

with_start15.jpg

すべての質問に答えると性格タイプが割り出されます。

yajirusi.jpg

with_start16.jpg

with_start17.jpg

他の会員も同じようにタイプが割り出され、
ここから相性の良い相手を探してくれる仕組みです。

with_start18.jpg

しかしざっと検索してみると、
開発途上なのかどうにも穴だらけな部分が目立ちました。

・検索条件の設定が一切できない

・なぜか近隣の県の相手しか表示されない

・Withの特徴のはずがスマホアプリ限定機能になっている

特にブラウザ版では診断してもらったタイプが、
自分も相手も一切どこにも表示されないという謎の仕様。

当然、相性の良いタイプを検索することもできません。

性格診断がウリじゃなかったのか?

ブラウザ版では相性タイプの存在感はまったく無く、
そこいらの恋活アプリとなんら変わりませんでした。

他にもスマホアプリと比べてブラウザ版は超冷遇です。

案内されるべきアドバイスがブラウザでは無かったり、
性格分析や攻略指南も未対応なのか表示されません。

rusputin4a.jpg

どういうことだ?ウリにしているんだからブラウザも対応するべきじゃろう!これは本当にやる気があるのか?と疑ってしまいました。今後のアップデートに期待しましょう。

「好み」機能で趣味や共通点が簡単にわかる

Withには好みという機能があります。

あなたの趣味や性格に関するカードを選ぶと、
それをプロフィールに反映させることができます。

yajirusi.jpg

with_start19.jpg

with_start20.jpg

カードが見つからなければ自分で作ることもできます。
(審査あり)

これは大手アプリのペアーズでも取り入れられているものです。

自分がどんな人間なのかを相手にアピールしたり、
マッチング後の会話のタネになったりと役に立ちます。

メッセージで何を話していいのかわからない人は、
ここからいくらでも質問や話を広げられるので、
実はメチャクチャ大事なツールだったりします。

にも関わらず、実装していない恋活アプリも多いので、
Withはこれがあるだけで個人的に評価したいポイントです。

カードを加えた分がそのままアピールポイントになるので、
20個でも30個でもとにかく隙間無く埋めるのがコツでした。

相手から積極的に質問される可能性も高まります。

プロフィールや自己紹介、顔写真も大事ですが、
やるならこれを可能な限り入れておくことをオススメします。

マッチング後のやりとりからは有料会員になる必要がある

多くの恋活アプリ共通項ですが、
男性会員はマッチング後のメッセージは有料です。

無料会員でできるのは最初の1通目の送信だけです。

2通目以降の送信は有料になります。

また、相手から1通目が送信された場合、
開封するには有料登録しなければなりません。

with_start21.jpg

これはどうにかして無料でやりとりできないか調べましたが、
1通目からLINEのIDやメールアドレスは貼れないため、
どうあっても課金しなければ次の段階へは進めません。

マッチングしたので有料会員になってみた

※1ヶ月コースで登録完了!

with_start22.jpg

Withでプロフィールと写真を載せたらいいね!が届いたので、
実際に有料会員となりしばらく活動することにしました。

月額会員の料金は1ヶ月コースで2,800円(税込)

1週間コースというお試し版もありました。

その他の料金については以下の通り。

※料金は全て税込み

有料プラン料金(クレジットカード決済)
1ヶ月プラン 2,800円
3ヶ月プラン 2,600円(一括7,800円)
6ヶ月プラン 2,300円(一括13,800円)
12ヶ月プラン 1,800円(一括21,600円)
1週間プラン 1,300円

他に人気の恋活アプリと比較するとペアーズは1ヶ月3,400円、Omiaiは3,980円、Matchは3,980円なので、Withの月2,800円はかなり安めの料金です。

有料化すると2通目以降のメッセージ交換ができるようになり、
相手が受けているいいね!数も閲覧できるようになります。

しかし、私が有料会員化した途端、
新たにVIP専用プランというものが出現しました。

yajirusi.jpg

with_start23.jpg

rusputin1a.jpg

VIP専用プラン?いきなり出てきたぞ...

これは月額2,800円(税込・クレカ決済価格)で追加できるオプションで、以下の機能が使えるようになるというもの。

・VIP専用の5つの検索機能

・すべての足あとを見れる

・毎月のいいね!数追加が30→50に

・検索で上位に表示される

・メッセージ既読表示の追加

・初回メッセージ優先審査

・オンライン表示を隠せる

有料会員登録したらやっと表示されるのはどうかと思いましたが、入ればメッセージ既読やいいね!数の増加と便利なサポートが得られます。

...ここでふと気付いたのですが、有料会員・VIP専用プランの内容はペアーズの有料会員・プレミアムオプションと全く一緒です。

遠慮せずにぶっちゃけると、
先の共通点機能といいサービス内容といい、
Withはペアーズを丸パクりしたようなアプリです。

恋活アプリなんてどれもこれも似たようなものですが、
ここまで被っているのは他にありません(笑)

オリジナルはメンタリストDaiGoが出るくらい。

本当にそんな感じです。

しかし、これが悪いことかどうかはともかく、
最大手のペアーズを真似るのは間違いでないと思います。

ジャンルに限らず誰が最初に始めたかわからないような、
紙一重のアプリなんて世の中にたくさんありますからね。

ゲスい考え方ですが、
ユーザーからしたら人が集まればいいんです。

誰もいなきゃ彼女彼氏もできません。

肝心の登録者は多かったのか?少なかったのか?

このようにサービス内容はペアーズと酷似しているWithですが、
肝心のアクティブな登録者数についてはどうだったのか?

最大級恋活アプリのペアーズを模したサービスなら、
活動人数もそれなりに多く賑わっているのでは?
と、期待して調査してみたところ......

残念ながら登録人数については違いました。

東京都

ログイン3日以内

年齢問わず

この条件で絞ってペアーズとWithで検索したところ、
ペアーズは27,722人、Withは5,951人ヒット。

地域を東京から大阪に条件を変えてみると、
ペアーズは10,720人、Withは2,372人ヒット。

東京・神奈川・千葉・埼玉の関東圏に絞ると、
ペアーズは46,299人、Withは11,219人ヒット。

※2017年4月現在

と、ペアーズが4倍~5倍近くリードしていました。

省略しましたが他の地方もそれくらいの差です。

私が実際に活動した時にも、人数が少ないのでいいね!できる相手がすぐにいなくなった印象です。

OmiaiやMatchと比べてもWithはかなり人が少なく、
本音を言えばメインで活動するには物足りない規模でした。

Withで異性を探した私のガチな感想

ここから辛口になりますが、正直な感想を話します。

ペアーズを丸ごとコピーしたようなサービス内容なので、
とりあえずシステム面は便利な機能が揃っています。

また、アプリ使用中に各所にアドバイスが表示されるので、
使い方がわからないという場面もほとんどありません。

作りは丁寧で初心者に優しいアプリです。

残念な点は地方でやってる人が少なすぎること。

東京周りも大手と比べたらやっぱり参加者は少なめ

ペアーズみたいな大手以外はどこもそうなのですが、
関東圏その他都市以外では厳しいものがあります。

ブラウザ版の手抜き仕様も気になる点。

目玉であるはずのタイプ相性の診断結果が表示されないなど、
本当にやる気があるかも疑ってしまう部分も見受けられました。

開発に予算を当てていない=やる気がないのか?

さらにスマホと同じデザインで非常に使い辛い。

操作性がクソだからブラウザは独自にして欲しい。

他にも有料会員登録しないとVIP会員プランが出てこないなど...

そんな問題点がいくつか目立つWithですが、
アプリがリリースされてからそれなりに経ち、
中堅どころのサービスに落ち着いています。

なんだかんだで月額料金は安め。

スマホアプリならブラウザの問題点は出ない。

必要な機能もほぼ揃っていて悪くはない。

個人的には良い点・悪い点を合わせて考えると、
可も無く不可もない恋活アプリという評価になりました。

※どうでもいい?追記

メンタリストDaiGoさん、2016年11月30日に週刊文○に過去のJCとの淫行がスッパ抜かれてたけど大丈夫か?

"恋活"アプリwithの信用に微妙に関わってまっせ。

with_daigo.jpg

どうしても使うなら他アプリと並行するべし

リニューアルなど、Withで大きな変化が無い限り、
今後も中堅アプリとして細々と続く事が予想されます。

なのでメインで活動するのは避けましょう。

どうしても参加するなら並行前提でいきましょう。

プロフィール・写真設定を最初だけ頑張って、
あとはちょいちょいログインしていいね!を送り続けてください。

幸い1週間だけ有料会員になれるコースがあるので、
良さそうな相手とマッチングしたら1週間コースで登録。

脈がありそうな相手なら1週間以内にケリをつける。(LINEに移行するなど)

すぐにケリがつかないけど手応えがありそうなら有料延長。

ダメならすぐに有料会員を停止して終わり。

これが一番効率的です。

一点集中でじっくりやるのであれば、
Withの模倣元であるペアーズをオススメします。

ここは前述の人数比較の通り、
とにかく圧倒的な参加者を誇る恋活アプリです。

私もペアーズのおかげで良いパートナーが見かったので、
個人的な情も込めて是非あなたに参加してほしいアプリです。

本格的にやる・やらないかはひとまず置いておき、
まずは無料会員登録して異性を検索してみてください。

ペアーズの公式サイトを見てみる



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

恋活アプリWith(ウィズ)を使った俺の本音の感想と評価!関連ページ

恋活アプリWith(ウィズ)を使った俺の本音の感想と評価!
恋活アプリのWith(ウィズ)の口コミや評判は本当なのか?ガチで良いサービスか調べるために俺が有料会員登録した!
Withの利用料金と仕組みとは?出会いまでの流れを解説!
そもそも婚活サイトってどういう仕組み?利用料金は?出会いまでどのように持ち込むの?婚活ラスプーチンが詳しく解説!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://idaten99.futoka.jp/mtos/mt-tb.cgi/2370